Celebrity diary

宇宙 引き寄せ 潜在意識 音楽✨R&B jazz 洋楽 クラッシック 北欧雑貨 NEWS ブログ 風景画 YouTube 私のオススメ記事など配信してます❤ セレブになりたいかたへ✨のブログもこの中にあります ❤✨興味がある方は、是非見に来てね😃🙌✨

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんは🌙😃❗
    FB_IMG_1483884099319

    今日は、ネイルにいってきたょ☝☺💅
    前回ヌードベージュにしたから、また今回は、ピンクに戻しちゃった(笑)😆
    BeautyPlus_20170211223405_save

    やっぱりピンク大好きだなぁ❤🎀
    恋の色……なんつって(笑)😆❤てへ

    バレンタインだしね🍫
    いいよね  
    やっぱりさ、イベントがあると街が華やかになるよね🌹
    みてるほうも、テンション上がるし🎵
    ルンルン気分だょね(笑)

    男のひとはさ、いくつになってもチョコ🍫とか欲しいものなのかなぁ。
    心理がよくわからないけど、みーは会社で義理チョコです!とかあげるのが嫌だから、気持ち込めるけど、人によっては、
    彼女がヤキモチやく…
    とか、
    奥さまにばれたらまずい…
    とか、
    甘いの苦手なんだよなぁ…
    とか、
    こちらの都合でいいと思ってしてることでも、相手も同じように思ってるとは限らないから、なんか色々考えると難しくなるよね?


    バレンタイン近くなったらチョコ欲しい🍫カードとかぶら下げてほしいね(笑)😆❤

    そうしたら、きにせずあげれるのにな。

    単純に、嬉しい\(^o^)/❤🎀って喜んでもらえるだけで嬉しいなぁ😁✨
    明日は、頑張って作るんだぁ
    Fight   p(^^)q

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんわ❤🎀

    今日は、すごい寒かったね。
    でも、日中はそうでもなかった(笑)😆
    どっちだょって?(笑)😆

     今日は、湘南江ノ島海岸沿いのジャーナルスタンダード展開のバーガーショップにいってきたょ☝☺
     DSC_0848
    アボカドチーズeggバーガー🍔
    ボリューム満点で最高だょ😁👍
    みんなも行けたらいってみてね。
    店内オシャレだったしやばかったょ 
    近いひとはいってみてね 

    今日満月🌕だね、!
    神奈川は凄いキレイにみえるょ。
    みんなみてるかなぁ😌
    なんか、みんなと繋がってるね…
    凄い嬉しいな❤…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2030年までに97%の確率で氷河期が到来することが判明!
    研究者、夏は消滅し、川は凍る💦
    10042952315

    太陽黒点っていうのが大きく影響してるんだってね☝(T0T)💧
    太陽の活動が小さくなってるみたい。
    太陽と地球の奇跡的な位置関係だからこそ、春夏秋冬がうまくできてるんだもんね。
    当たり前に生活してる私達だけど、地球に…宇宙に…感謝だね
    ありがとう❤ 


    イメージ画像は、「Thinkstock」より
    TOCANA

     英紙「メトロ」など(2月1日付)など、英ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザコバ教授らが、厳密な数学モデルを使って太陽活動のデータを分析したもの、2030年までに太陽の活動今世紀半ばから19世紀半ばにかけて世界各地を襲った「小氷期(リトル)」は、氷河期)」相当の規模になると予想されている。


    ■100%予防不可能、2030年氷河期突入のシナリオ

     小氷期では、テムズ川やオランダの運河・河川では一冬の完全凍結する光景が頻繁に見られ、飢えが頻繁に発生するようになり(1315年には150万人も餓死者を伝染病による死者も増加した。アイスランドの人口は半分に減少し、グリーンランドのヴァイキング植民地は全滅の憂き目を見た。日本にも東日本を中心にたびたび飢饉が発生し、これを原因と農村での一徴の多発は幕藩体制の崩壊の一因となったとわれている。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/02/post_12275.html】

     そして、小氷期の中でも寒さが厳しかった1645年〜1715年は、太陽黒点数が著しく減少した「マグダウン極小期(Maunder Minimum)」(1645年〜1715年)と一致しているのだ。このまま太陽の活動が弱体化していけば、地球全体の気温が低下しています、間違いなくとみられている。

    「太陽が全部の命運を握っているとすれば、我ががなをしょとも、気温の低下は免れません......夏がなくなり、冬が続き、川が凍えることで」(ザーコバ教授)

     将来、北半球を中心に大きな影響が起こることが予想される。だが、これほど重大な発見にもかわらず、ザコバ教授の研究を敵視した反対から圧力をかける、何人かの気象学者は、イギリス王立天文学会に公表の差し止めを求めたそうだ。

     しかし、小氷期の到来を予定している科学者はザコバ教授だけではない。2015年には、「メキシコ水技術研究所」のホルヘ・サンチェス・セスマ教授が、過去10万年〜2万5千年にかけての太陽の活動サイクを比較研究したところ、太陽活動の停滞に関連した気温低下が今世紀に起こると予想している。2013年にも、西オーストラリア大学のクリフ・オリア教授が同様の結論に至っている。

    「太陽黒点と気候には十分な相関関係があります太陽の活動サイクルは、将来の気候変動を予測する上の基礎です」(オルリア教授)

     2015年10月、NASA(アメリカ航空宇宙局)が「南極大陸では失われています氷より、増えている」氷の量のほうが多い」と発したが、このことも小氷期がすみ始めある証拠であるかどうかはっきりしない。

     2030年、我々の生活は一体どういつってのだろうか?太陽の活動が関係している以上、予防する手立てはない、今後各国政府が何者かの対応策を講ずることも考えられる。続報が入り次段お伝えしたい。
    (編集部)


    ※イメージ画像は「Thinkstock」より



    (出典news.nicovideo.jp)

    ボン

    ボン

    寒冷化にせよ温暖化にせよ「こうだ」と答えは出来ない程のカオスなんだが、ノイジーな団体さんは神にもなったつもりらしい

    たけたけ

    たけたけ

    小氷期になるとは言っているけど、誰も人類滅亡するなんて言ってねぇだwww wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    渋滞

    渋滞

    それか人間の細胞をスライムかさせ薬を作った氷河期が終わった後に亜人間に元に戻る薬を投与してもらえばいい。

    渋滞

    渋滞

    氷河期に耐えられる人間を創って地上に放課後が経過したその部分を回復してDNAを組み込んだ仮面を作っておけば安心

    モンブラン

    モンブラン

    まーた○○%の確率で人類滅亡!ですか何回滅亡するんですかね?

    あああ

    あああ

    子孫残さないきゃ(使命感)

    シュウ

    シュウ

    研究者に10年おきくらいに地球殺されかけるのはなんなの?

    ベルクール

    ベルクール

    地球「だから俺は二酸化炭素纏って寒さに耐えようとするのに、人類は実際にバカだなぁ」

    うぇ@クソ提督

    うぇ@クソ提督

    マグダ極小期、寒くて死ぬ!

    トモ

    トモ

    温暖化って何だったんだ?オッサンだけど30年くらい前は氷河期になるって言いたかったから元に戻ったんだろう。

    カモメフリート

    カモメフリート

    温暖化を促進したきゃ(錯乱)

    ねこぱん

    ねこぱん

    氷河期と名前の由来についてwikiを見てみたら「そもそも南極とグリーンランドに氷床がある時点でまだ氷河期」とあって吹いた

    かれー

    かれー

    寒さに強い作物でも植えてみような

    ナチス空軍

    ナチス空軍

    核兵器で温もろう

    フッシー

    フッシー

    11年周期の太陽の磁場反転がうまく行かなかった時でほとんど確定してる

    紅闇黒影

    紅闇黒影

    北極だか南極に氷が残っている状態で現在進行形で氷河期は続き行中。はい、解散

    NAS

    NAS

    さらに3%が勝る模様

    シェルバ

    シェルバ

    経済な話かと思って開かれた間違った

    カナリア

    カナリア

    約50億年活動している太陽の活動を2000年かそこらで観測したから予報なんてできるはずがない、地震も噴火も予告できないのに

    レゴレゴ

    レゴレゴ

    ファイアパンチ


    このページのトップヘ