NEWS

2020年07月20日

リーガ優勝後、アザール告白「最悪のシーズンだ」

リーガ優勝後、アザール告白「最悪のシーズンだ」



木曜日ビジャレアルを撃破してリーガ逆転優勝を決めたレアル・マドリー。試合が再開された後は一切ポイントを落とすことなく連勝を続けてきた。

キャプテンセルヒオ・ラモスが3年ぶりにトロフィーを掲げた!紙吹雪もすごい…。

しかし『France Info』のインタビューに答えたエデン・アザールは、「自分にとっては最悪のシーズンだ」と話したという。

エデン・アザール

「今年、我々はタイトルをまとめて獲得した。ただ自分という個人にとっては、キャリアで最悪のシーズンだったね。間違いなく。

ちょっと奇妙なシーズンだったよ。あらゆることが起こった。

次はチャンピオンズリーグを戦わなくてはならない。マンチェスター・シティのようなチームプレーしなければならず、それが難しいものになるとしてもね。彼らは非常に優れたチームを持っているから。

ジダン監督については?)我々は皆選手としての彼を知っていた。彼は最高だった。コーチとしてはそれを説明する必要すらないね。

ほんの数年で彼が既に最高の人物であることを証明した。適切なタイミングで物事を言う方法を知っている、シンプルな人物だ。

彼は選手を信頼し、選手は彼を信頼している。それが機能する理由さ」

【関連記事】レアル・マドリー「今とは違うポジションをしていた」5名の選手

今季1億ユーロ(およそ122.6億円)でチェルシーから加入したアザールであるが、怪我やコンディション不良によってほとんど力を発揮できなかった。やはり個人的にはまったく納得できないものだったようだ。

リーガ優勝後、アザール告白「最悪のシーズンだ」


(出典 news.nicovideo.jp)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pekorimimi at 20:10|PermalinkComments(0)