カテゴリ: TV番組

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 ストラト ★ :2018/01/19(金) 09:14:04.08

    元SMAPの木村拓哉(45)の1年ぶりの主演ドラマとなるテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後10・00)が18日、15分拡大でスタートし、平均視聴率は15・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

    木村にとって、TBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)以来、1年ぶりの連続ドラマ主演で、15年4月期の「アイムホーム」以来の同枠主演。

    今クールは、木村と同じジャニーズ事務所所属のタレントが主演するドラマが並んだことでも話題に。
    それぞれの作品の初回視聴率は、「嵐」松本潤(34)主演のTBS「99・9」は15・1%、「KAT-TUN」亀梨和也(31)がアクション満載の復讐劇に挑んだフジテレビ「FINAL CUT」は7・2%、「Hey!Say!JUMP」山田涼介(24)が6年ぶり主演の日本テレビ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことにして」は13・3%だった。

    脚本はフジテレビ「昼顔」などで知られる井上由美子氏の完全オリジナル。
    ある出来事をきっかけに工事現場の警備員になっていた主人公が民間警備会社のボディーガードに復帰し、同僚や警視庁のSP、依頼人らの思惑が交錯する中で警備対象者を守るために戦う姿を描くヒューマンドラマ。
    これまで美容師、検事、パイロット、外科医とさまざまな“職業”に挑戦してきた木村がボディーガード役に初挑戦している。

    そのほか、江口洋介(49)、石田ゆり子(48)、上川隆也(52)、斎藤工(36)など実力派が共演。

    初回は、かつて敏腕ボディーガードだった島崎章(木村)は、ある出来事をきっかけに第一線から身を引き、民間警備会社で工事現場の警備員をしている。
    しかし、社長・今関(永島敏行)から身辺警護課の新設と着任を打診され、復帰を決意する。
    章は新人ボディーガードとして、各課から身辺警護課に集まった高梨(斎藤)、まゆ(菜々緒)、沢口(間宮)、そして課長・村田(上川)と共に初任務に就く…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000080-spnannex-ent


    15 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:18:13.06

    出演者が豪華すぎてキムタク関係なさそう
    岡田なら更に良かったのになんて声ばかりならキムタク発狂するんじゃないか


    34 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:20:50.14

    >>15
    不倫略奪の岡田准一か
    この作品をもって高岡蒼甫に土下座して約束した様に引退するなら視聴率13%ぐらいは取れただろうな


    23 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:18:59.78

    脚本*だからガクンと下がるぞ


    45 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:22:50.85

    >>23
    マジかよ。今回は見てないけど、前宣では面白そうだったのに…。


    27 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:19:31.21

    周りの俳優が豪華だから。


    41 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:21:52.18

    >>27
    尿の方が豪華だろ。


    32 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:20:31.58

    見てる方が赤面するような役ばかりだな
    つぎはレーサーやれレーサーw


    93 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:27:37.91

    >>32
    前にやってなかった?


    37 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:21:09.36

    ドラマ見るヤツの気がしれんわ。


    56 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:24:30.60

    >>37
    世間は2ちゃんねる見てるやつの気が知れない


    48 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:23:18.89

    今クール初回視聴率

    1位「BG~身辺警護人~」15.7% 木村拓哉
    2位「99.9」15.1% 松本潤
    3位「もみ消して冬」13.3% 山田涼介

    ジャニーズがまさかの1月期のトップ3


    59 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:24:45.50

    >>48 マツジュン以外は2回目から激落ちする予想。
    だって物語がおもしろくないもの。


    68 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:25:19.46

    >>48
    人気作品の続編で負ける松潤駄目だろ
    一応ジャニーズの筆頭グループは嵐なんだから


    74 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:25:45.88

    >>48
    亀梨さんのフジのドラマが入ってねーぞ!
    亀梨和也主演「FINAL CUT」第2話は6・5%


    96 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:27:52.92

    >>48
    なんやかんやジャニ叩きが酷いけど上位全部ジャニやんか


    75 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:26:08.70

    プライド捨てて番宣出まくった効果あったってことだな
    マツコにまで擦り寄るんだから


    92 名無しさん@恐縮です :2018/01/19(金) 09:27:24.50

    >>75
    番宣したらプライド捨てたことになるの?
    主演が番宣しないドラマ今まであったら教えて^^


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1 ストラト ★ :2018/01/15(月) 09:43:06.18 ID:CAP_USER9.net

    人気グループ・嵐の松本潤が主演するTBS系連続ドラマ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)が14日放送され、初回平均視聴率が15.1%だったことが15日わかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    同ドラマは2016年4月に放送された人気シリーズ第2弾。
    日本の刑事裁判における有罪率は99.9%で、いったん起訴されたらほぼ有罪が確定してしまう。
    そんな残りの0.1%に隠された事実に挑む弁護士たちの姿を追ったリーガル・エンターテインメントを描く。
    松本は超型破りな弁護士・深山大翔を演じている。

    第1話では、常識はずれな深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。
    そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。
    抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
    再び深山と佐田の名コンビが復活する。

    そんな中、依頼人として、ある殺人事件の加害者・鈴木二郎の娘である加代がやってくる。
    鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。
    依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきた元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)。
    しかし、舞子は裁判官時代の経験から無実を証明することを初めから諦めていて、加代には秘密で深山たちに情状酌量を願い出るのだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000354-oric-ent


    【【視聴率】松潤主演『99.9』続編初回、15.1%高視聴率でスタート☆☆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 trick ★ :2018/01/13(土) 19:48:49.74

    『ガキ使』“黒塗り”に日テレ「差別の意図なし」と回答も…ハフポスト編集長「モノマネでも許されない」理由 (AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00010000-abema-ent&p=2

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1/12(金) 6:04配信

     日本テレビは、今月6日の『笑ってはいけない』の完全版スペシャルでも黒塗りシーンをカットすることはなく、画面に「浜田がエディ・マーフィ演じる刑事にふん装中」という字幕テロップを入れて放送した。『けやきヒルズ』は日本テレビに今回の件が議論になっていることなどについて質問し、次の回答が得られた。

     「ご指摘のシーンについては、ダウンタウンの浜田さんが、あくまで、映画『ビバリーヒルズ・コップ』で俳優のエディ・マーフィさんが演じる主人公『アクセル・フォーリー』に扮したもので、差別する意図は一切ありません。本件をめぐっては、様々なご意見があることは承知しており、今後の番組作りの参考にさせていただきます」

     日本にいる外国人からも批判的な声が多いが、日本テレビは「差別の意図はなくあくまでモノマネである」との回答となった。ではなぜここまで論争が巻き起こってしまったのか。この問題をメディアで初めて報じたハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎氏は「黒人の肌の色を笑ったと捉えてしまう人がいた」と問題点を指摘する。

    「日本テレビ側に差別の意図はなかったと思う。ただ無自覚の差別こそ問題。お笑いというのはタブーに切り込んだり普段言えないことを言ったりして楽しむ文化や、ものまねでちょっと小バカにして楽しんだりする。ただ、黒人の方が差別されてきた歴史を考えると、お笑いでやるには重過ぎるテーマ。先ほどの外国人の方へのインタビューでは、この番組で取り上げた方達だけでなく話を聞いた人全てが、差別問題について必ずしっかりと意見を仰っていたと聞いた。それほど黒人への差別問題というのは敏感なもの。今回、エディ・マーフィをものまねしている意図はわかるが、黒く塗ったことによって『肌が黒い人をまねた』と範囲が広がってしまった。つまり『黒人の肌の色を笑った』と捉えてしまう人がいた。それがたとえものまねのつもりだったとしてもそう思われた時点でもう許される問題ではない。」

     小学校・中学校とアメリカの教育を受けてきた竹下氏。歴史については繰り返し教えられてきたという。また、逆の立場を仮定し「黒人差別問題は日本だとなじみがないかもしれないが、日本だと例えば原爆に触れるのと同じこと。もし被ばく者のものまねがあったとして、お笑い番組だから許してくださいと言われてもさすがに日本人も怒ると思う。それに匹敵するようなテーマだと思う」と見解を述べた。

    (一部抜粋 全文はソース)


    【【テレビ】『ガキ使』黒人モノマネ、許されない理由 ハフポスト編集長「被ばく者のものまねをされたら日本人も怒る」 】の続きを読む

    このページのトップヘ