Celebrity diary

宇宙 引き寄せ 潜在意識 音楽✨R&B jazz 洋楽 クラッシック 北欧雑貨 NEWS ブログ 風景画 YouTube 私のオススメ記事など配信してます❤ セレブになりたいかたへ✨のブログもこの中にあります ❤✨興味がある方は、是非見に来てね😃🙌✨

    カテゴリ:宇宙 > 波動

    【ガチ】史上初、銀河と銀河をつなぐ謎の「宇宙の架け橋」を発見→撮影される! これがダークマターの可能性も!
    b47-3


    銀河は無数にあるから、こうゆう架け橋がもしほんとにあるなら、すごいよ!
    魂が輪廻転生して、みんなそれぞれの銀河を生きたけど、更に交流するとおもうと、宇宙や、地球レベルでの新しいなにかが起こりそうだね💦 

    イメージ画像は、「Wikipedia」より
    TOCANA

     宇宙を構成する物質の実に8割を占めるといわれる「ダークマター(暗黒物質)」。間接的にその存在は予想されているものの、現在に至るまで発見には至っておらず、一部の科学者からは「ダークマター不要説」まで唱えられている状況だ。

     だがこの度、カナダ・ウォータールー大学の研究者らが、銀河同士を繋ぐ「架け橋」の初撮影に成功したことで状況が一変している。というのも、この架け橋を構成しているものこそダークマターに他ならないというからだ!


    ■ダークマターの架け橋の撮影に成功

     まず今回の研究を理解するにあたって、「重力レンズ」と呼ばれる天文上の現象を簡単に説明しておこう。極めて簡潔に言えば、「重力レンズ」とは恒星や銀河などが発する光が、途中にある天体などの重力によって曲げられたり、その結果として複数の経路を通過する光が集まるために明るく見えたりする現象のことである。ここで問題となるのは、重力レンズの観測データは通常物質だけでは説明がつかないことが多い点だ。そのため、見えざるダークマターが空間を捻じ曲げているのではないかといわれてきた。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_12948.html】

     米誌「Newsweek」オンライン版(4月12日付)などによると、今回の研究も上述の重力レンズ効果の1つ「弱い重力レンズ」と呼ばれる、多くの天体の光線データから重力レンズ効果を判定する手法を用いて撮影されたという。使用された観測データは、地球から45億光年離れた銀河のペアをカナダ、フランス、ハワイの天体望遠鏡が数年かけ観測したもので、その数は2万3千にも上る。

     この膨大な観測データをウォータールー大学の研究者らが結合したことで、ご覧のような互いの銀河を横断するダークマターの架け橋がハッキリと現れたというわけだ。銀河のペアはそれぞれ白、ダークマターは赤で表現されている。銀河同士の距離が4千万光年以内だと、結合が最も強くなるそうだ。

     一言申し添えておくと、今回の発見によりダークマターの構成物質が明らかになったわけではない。しかし、これまで観測されることがなかった銀河の架け橋の存在を実証したことで、ダークマターの実在が一段と真実味を帯びてきたといえるだろう。

    「何十年も研究者は銀河の間にダークマターの網がフィラメントのよう伸び、それが銀河同士を結び付けていると予想してきました。今回の研究成果により、その予想の先へと研究を進めることができます」(マイク・ハドソン教授)

     しかし、昨年11月には、オランダ・アムステルダム大学で物理学を教えるエリック・ヴァーリンデ教授が、アインシュタインの重力理解は完全に間違っている上、謎の暗黒物質ダークマターも存在しないとする「ヴァーリンデの重力仮説」を発表し、その後オランダ・ライデン大学の研究チームが同仮説を裏付ける研究を行ったばかりだ。今後もダークマターを巡る論争はしばらく続きそうである。
    (編集部)


    ※イメージ画像は、「Wikipedia」より



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ガチ】史上初、銀河と銀河をつなぐ謎の「宇宙の架け橋」を発見!】の続きを読む

    1.満月のパワーとは? ―満月に願い事をしてはいけない!―

    index_img_01
    満月の日に得られるパワーは、達成のエネルギーです。また潮が満ちたり、出産が多かったりするように、満月には、引っ張る力も働いています。

    そのため、今まで頑張ってきたことが実を結んだり、結果が出やすい日とも言えます。新月に蒔いていた種が成長し、実るのが満月というイメージです。そのため、満月に、種まきにあたる願い事をしたり、何かを始めたりしても、あまり意味はありません。

    こういったことは、満月のパワーよりも、新月のパワーの方が断然マッチしているので、新月にするようにしましょう。(新月の願い事、月の日時についてはこちら)そうすることで、後々の結果や事が進むスピードが違ってきます。

    ここでは、満月のパワーを得るために、やった方が良いこと、悪いことについてお伝えします。

    2.満月にやると良いこと

    満月にやると良いことをいくつかご紹介します。満月の前後24時間以内に行いましょう。

    2-1 完了のエネルギーで手放したいことを解放する

    満月は、完了、達成のエネルギーに満ちています。そのため、完了のエネルギーを利用し、手放したいことを解放するのに適しています。今までどうしても手放せなかった習慣、人間関係、持ち物を解放し、次のステージへと進みましょう。

    具体的にどのようにすればよいのかというと、手放したいと思っていることを紙に思いつくまま書き出して、満月に解放をすることを願います。そして、その紙を破って捨ててください。これだけで、OKです。あとは、満月のパワーが働き、自然と手放すように働きかけてくれます。

    満月は満了を意味しますので、達成したこと、完了したことなどを書くことにより、次のステップへの準備をすることもできますので、手放したいことと同様、前の新月からの間に達成したこともすべて書きだしましょう。達成したことを振り返ることにより、満了の満月のパワーの後押しを受け、スムーズに次のステージへと進めるようになります。

    2-2 クリスタルウォーターを作り、波動をあげる

    ポットなどに天然水をいれ、その中に水晶玉をいれて、外に一晩置いておきましょう。月がでていなくてもOKです。最近は、"いろはす”など、ペットボトルに入っていても天然水ではないものもあるので、注意してください。必ず天然水で作りましょう。

    一晩おいて出来上がったクリスタルウォーターには、満月のパワーが入っていますので、そのまま飲んだり、お風呂に入れたりすることで、あなたの波動を高めることができます。波動が高まるとは、あなたの状態が高い状態に保たれるということですので、感性、直感力がアップし、良いアイデアが浮かんだりしやすくなり、運気も上がります。

    よりレベルの高いものや人脈を引き寄せやすくなりますので、是非活用しましょう。

    2-3 財布を空にし、満月に3回かざすと金運アップ

    財布の中のお金、カードなどすべてを取り出し、空にした状態で、満月に向かって「今月もありがとうございました。」と言いながら、3回財布を振りましょう。

    満月は、大きく膨らんだ財布を意味し、満月の光に空の財布を当てることによって、月のパワーにより、金運がアップします。そして財布を一晩空の状態で寝かせましょう。また、鞄も空の状態にして一晩寝かすと、良い流れが入っていきます。

    2-4 パワーストーンを浄化する

    満月は、パワーストーンの浄化とパワー注入に最適なタイミングです。もし、パワーストーンのブレスレットやストラップなどをお持ちでしたら、ぜひ満月の日に水で洗って外に干しておきましょう。ただ、ストーンには水に弱い性質のものもあるので、注意してください。その場合は、外に干すだけにしましょう。

    ストーンが満月の強いエネルギーによって浄化され、パワーが注入されます。

    3.満月にやると良くないこと

    満月は月の引力が最も強くなり、潮が満潮になるように、約70%水でできている私たちの体も無関係ではありません。

    満月は、出産が多かったり、出血量が増えたりしやすいため、手術をできるだけ満月に避けるようにしているところもあります。その他にも満月の時にやらない方がよいことがあるので、ご紹介します。

    3-1 ダイエット

    満月は、パワーが満ち足り、体の持つ吸収力も最大になるので、いつも以上に吸収力が働きますので、いつもと同じ量を食べてもいつも以上に身についてしまいます。そのため、ダイエットには一番向いていない時期とも言えます。ダイエットは、満月が終わってから始めましょう。

    満月前後は、ただでさえ太りやすいので、食事も控えめを心がけましょう。また吸収力が優れているので、オーガニックなど体によいものをできるだけ取るようにするとよいでしょう。

    3-2 激しい運動

    満月は、エネルギーが最大になるとともに感情の起伏も大きくなります。とっても嬉しいと感じる一方、とても落ち込みやすい時期でもあり、精神は不安定になりがちです。イライラしやすいので、それに拍車をかける激しい運動や無理は禁物です。

    瞑想したり、お風呂に入ったり、ゆったりと過ごすと良いでしょう。ただ、ハイテンションになりすぎている場合は、運動によって溢れ出たエネルギーを発散するとバランスが取れますので、その場合は無理ない程度に運動をしましょう。

    3-3 衝動買い、暴飲暴食に要注意

    満月は、引力が最も強くなるため、血液、体液も引っ張られ、神経も活性化されるといわれています。そのため、イライラしやすく、ついつい衝動的な行動にでたり、他人とぶつかりやすくなります。

    ストレスが溜まりやすい時期とも言えます。そのため、衝動買いや暴飲暴食に陥りやすいので、気を付けましょう。できるだけ、無理をせず、ストレスがかからないよう、ゆったりと過ごすようにしましょう。

    まとめ 新月と満月の関係について

    ここまでにもお伝えしましたが、月には、それぞれ違ったパワーが宿っています。新月は植物でいうと、種まきに適した時期です。そのため、新しいことを始めたり、願い事をするのには最適な時期です。そのほか仕事では企画や会議をしたり、貯蓄計画を立てたり、好きな人を誘ったり、告白するのもこの時期が適しています。

    そして、満月へと近づく上弦の月は、吸収力が次第に高まっていきます。そのため、不足している栄養分を補ったり、パックやエステなどで保湿ケアなどをするのにも適しています。

    満月は、祈るのではなく、行動することによって結果が得られる日です。そのためこの日は、願い事をするのではなく、まさに実践することに注力しましょう。

    満月から段々欠けていく下弦の月は、デトックスに最適な時期です。またダイエットも結果が出やすいので、この時期に始めると良いでしょう。また別れにも適した時期と言われているので、余計な人間関係などを断ち切るのに良い時期です。この時期にデトックスし、次の新月から新しい出会いのために備えましょう。

    そして、また新月へと戻り、サイクルが一巡します。あなたも、月のパワーを味方につけて、運気を上げてみてください。

    お財布をからにして、満月🌕に向かってフリフリはしてみるょ❤\(^o^)/ 


    3/12(日)は、乙女座の満月🌕
    131129_god

    明日は、晴れそうだね🌅
    満月🌕パワー沢山貰おうね。
    満月🌕の夜にお願い事を1つ書いて、枕の下に入れて、願いながら眠ると叶うと言われてるよ☝😁
    みんなでやってみよう❤ 



    武部力也の週刊替相場見通し〜「朧月夜(おぼろづきよ)」にドル円可動域を探る展開
    武部力也の週刊替相場見通し〜「朧月夜(おぼろづきよ)」にドル円可動域を探る展開 ...期限は黄砂の影響で月が霞み、天体観測には不適な月夜となる。(次回満月3/12)■米利上げを霞ませている材料3/1、トラック米大統領は、今後1年間の間...出典
    :経済総合(ZUU online))



    【3/12(日)は乙女座の満月】の続きを読む

    132億光年彼方の銀河に酸素と塵を検出 - アルマ望遠鏡の最遠方記録が更新!
     lgi01a201408272300

    同様の観測を進めることで、宇宙初期の星の誕生をたどり、銀河における重元素増加の開始時期をさらに昔までさかのぼることができるでしょう」とコメント…
    ほんとに、凄い⤴
    私たちが住む宇宙銀河の歴史がもっともっと発見できたら凄いね。
    いつも思うけど、宇宙🚀に…地球🌏に感謝だよね❤


    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのニコラス・ラポルテ氏らの研究グループはこのほど、アルマ望遠鏡を使った観測により、地球から132億光年の距離にある銀河A2744_YD4で酸素と塵が放つ電波を検出した。同成果についての詳細は、米国科学誌「Astrophysical Journal Letters」に掲載された。

    銀河A2744_YD4は、ハッブル宇宙望遠鏡によって最初に発見された天体で、手前にある銀河団エイベル2744の「重力レンズ」効果によって増光されていることから、銀河の光や電波を詳しく分析するのに適している。

    同研究グループは今回、同銀河に含まれる塵が放つ電波を検出。また同時に取得されたデータのなかに酸素が放つ電波も発見した。同電波は、もとは電離された酸素が放つ波長88μmの赤外線だが、赤方偏移により波長830μmのサブミリ波となってアルマ望遠鏡に届いたもの。赤方偏移から、A2744_YD4までの距離は約132億光年と計算された。これは、塵や酸素が検出された最遠方記録であった131億光年からさらに1億光年記録を更新する結果である。

    さらに同研究グループは、観測された塵からの電波をもとに同銀河に含まれる塵の総質量が太陽の600万倍であること、星の総質量が太陽の20億倍であることを導出。また同銀河では、1年間で太陽20個分に相当するガスが星になっていることも明らかになった。これは、A2744_YD4における星の誕生が、天の川銀河と比べておよそ10倍活発であることを示しているという。

    また塵は、星の内部で作られた元素が星の死によってばら撒かれる過程で作られるものであるため、星の誕生のペースと観測された塵の総量を比較することで、同銀河の塵が蓄積するのに必要な時間が約2億年であったことも明らかになっている。つまり同銀河のなかでは、観測でとらえた132億年前の時期よりも2億年前、現在から134億年前に活発な星形成活動が始まったということを示している。

    今回の成果について同研究グループは、「銀河A2744_YD4は、単にアルマ望遠鏡で観測された最も遠い天体、ということにとどまりません。非常に大量の塵を検出できたことは、星の死によってまきちらされた塵による『汚染』がこの銀河の中ではすでに進んでいることを示しているのです。同様の観測を進めることで、宇宙初期の星の誕生をたどり、銀河における重元素増加の開始時期をさらに昔までさかのぼることができるでしょう」とコメントしている。
    (周藤瞳美)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【132億光年彼方の銀河に酸素と塵を検出】の続きを読む

    このページのトップヘ