Celebrity diary

    カテゴリ:宇宙 > 波動

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ブラックホールは、ほんとにあるの?👽

    no title

    絶対あるよね(笑)
    宇宙にはまだまだ全く未知なことが沢山あると思う👽
    生きているうちに、どのくらい知れて行くかな…
    大気圏まででも行ってみたい‼
    無重力ってどんなだろうなぁ\(^o^)/❤


    ブラックホールは本当にあるの? この疑問に答える史上初の挑戦 「究極の証拠」は手に入るのか
    ブラックホールは本当にあるの? この疑問に答える史上初の挑戦 「究極の証拠」は手に入るのか
    …三つ目は、ブラックホールに関するものである。「ブラックホールは本当にあるの? 、「ブラックホールって、どんな天体? といった、ブラックホールの存在や性…
    (出典:経済総合(現代ビジネス))



    いそかね
    @hinata070

    @rei20030507 ブラックホールつら

    2017-05-07 00:38:55

    (出典 @hinata070)

    町内会6組組長
    @NikitaBesson

    怖い話飽きたから宇宙の謎見てたらブラックホール怖すぎwwwそして次は恐竜について調べてたら楽しくなってきた(°∀°)

    2017-05-07 00:37:25

    (出典 @NikitaBesson)

    ふめグェエ
    @fumeno3

    このウニ、もとい羅刹の能力で作る針珠は角と同じもので出来ていて、自由に変形することができます。ブラックホールみたいにあらゆる概念を吸い込んだり、針を伸ばして攻撃したり、防御も可能の謎のウニ

    2017-05-07 00:36:37

    (出典 @fumeno3)

    ぱんはな
    @panhana324

    ウケたw自称ってのが、はて?と思ったがそうゆう事ね!!!まぁ、良いんじゃね?ネタに出来る、笑える程度ならまだ可愛いでしょ!笑えないのは…良い子ぶって、苦笑いして奴だろ!ああ〜いるいるー!ってさよっぽど、お前の方がブラックホールブッタか聖人かよw

    2017-05-07 00:36:02

    (出典 @panhana324)

    ハセヲ支配人
    @spring_grases

    顔の中心でブラックホール

    2017-05-07 00:35:15

    (出典 @spring_grases)

    大輝(ばとん家。)登録者1400人感謝
    @ponponsandayo

    ゴムの日はあるのに穴の日は無いとか一つ言うとくけど、俺の言うてる穴はブラックホールのことやからな。

    (出典 大輝(ばとん家。)登録者1400人感謝 on Twitter)

    2017-05-07 00:32:18

    (出典 @ponponsandayo)

    つーくん
    @koamigarden

    フッ、沼に足滑らしたと思ったら沼でなくブラックホールだったとはな。そう簡単に這い上がっては来れないだろうなあ。山路さんの重力にズルズル引き摺り込まれる。

    2017-05-07 00:31:48

    (出典 @koamigarden)

    鉄男⊿始まってんの?JRA回収率19%
    @adoreman

    最強トーナメント編はだいたい展開よめたねー次の7人の悪魔乃木坂編も楽しみだなぁ~バッファロー白石、スプリング生駒、アトランティス西野、マウンテン松村、ミスター生田、ブラックホール桜井、ステカセ若月、ライオネス飛鳥 #豆腐プロレス

    2017-05-07 00:29:29

    (出典 @adoreman)

    SE ねっぴー
    @seneppy

    あるって証明されたじゃん。それよりも素粒子の話しようよブラックホールは本当にあるの? この疑問に答える史上初の挑戦 「究極の証拠」は手に入るのか https://t.co/Gy4acppqhc @YahooNewsTopics

    2017-05-07 00:28:09

    (出典 @seneppy)

    社会
    @YUMO_hatena

    ブラックホールよしん

    2017-05-07 00:27:55

    (出典 @YUMO_hatena)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    斎藤一人さんのお話

    ありがとう(1)
    感謝の力❤

     
    斉藤一人 2017年最新
    あなた感謝してますか?

    私は一人さんファンで、いつも楽しくお話を聴いています。
    一人さんの言葉は魂からそのまま直球で心に入るので、アタマで考えるのではなく、感情や感覚で受けとることができるんだ❤☺
    中々いないよね、こうゆうひと。
    天国言葉は身体の中の波動やエネルギーも良いほうに変えてくれるから、毎日使います‼

    今、心から悩んでる人や、どうしようもなく立ち直れない人や、人間関係で悩んでる人はこの感謝の力…聴いてみてね🎵
    感謝のパワーは、偉大です。
    いまから、抜け出せるからね😃✌

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    【ガチ】史上初、銀河と銀河をつなぐ謎の「宇宙の架け橋」を発見→撮影される! これがダークマターの可能性も!
    b47-3


    銀河は無数にあるから、こうゆう架け橋がもしほんとにあるなら、すごいよ!
    魂が輪廻転生して、みんなそれぞれの銀河を生きたけど、更に交流するとおもうと、宇宙や、地球レベルでの新しいなにかが起こりそうだね💦 

    イメージ画像は、「Wikipedia」より
    TOCANA

     宇宙を構成する物質の実に8割を占めるといわれる「ダークマター(暗黒物質)」。間接的にその存在は予想されているものの、現在に至るまで発見には至っておらず、一部の科学者からは「ダークマター不要説」まで唱えられている状況だ。

     だがこの度、カナダ・ウォータールー大学の研究者らが、銀河同士を繋ぐ「架け橋」の初撮影に成功したことで状況が一変している。というのも、この架け橋を構成しているものこそダークマターに他ならないというからだ!


    ■ダークマターの架け橋の撮影に成功

     まず今回の研究を理解するにあたって、「重力レンズ」と呼ばれる天文上の現象を簡単に説明しておこう。極めて簡潔に言えば、「重力レンズ」とは恒星や銀河などが発する光が、途中にある天体などの重力によって曲げられたり、その結果として複数の経路を通過する光が集まるために明るく見えたりする現象のことである。ここで問題となるのは、重力レンズの観測データは通常物質だけでは説明がつかないことが多い点だ。そのため、見えざるダークマターが空間を捻じ曲げているのではないかといわれてきた。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_12948.html】

     米誌「Newsweek」オンライン版(4月12日付)などによると、今回の研究も上述の重力レンズ効果の1つ「弱い重力レンズ」と呼ばれる、多くの天体の光線データから重力レンズ効果を判定する手法を用いて撮影されたという。使用された観測データは、地球から45億光年離れた銀河のペアをカナダ、フランス、ハワイの天体望遠鏡が数年かけ観測したもので、その数は2万3千にも上る。

     この膨大な観測データをウォータールー大学の研究者らが結合したことで、ご覧のような互いの銀河を横断するダークマターの架け橋がハッキリと現れたというわけだ。銀河のペアはそれぞれ白、ダークマターは赤で表現されている。銀河同士の距離が4千万光年以内だと、結合が最も強くなるそうだ。

     一言申し添えておくと、今回の発見によりダークマターの構成物質が明らかになったわけではない。しかし、これまで観測されることがなかった銀河の架け橋の存在を実証したことで、ダークマターの実在が一段と真実味を帯びてきたといえるだろう。

    「何十年も研究者は銀河の間にダークマターの網がフィラメントのよう伸び、それが銀河同士を結び付けていると予想してきました。今回の研究成果により、その予想の先へと研究を進めることができます」(マイク・ハドソン教授)

     しかし、昨年11月には、オランダ・アムステルダム大学で物理学を教えるエリック・ヴァーリンデ教授が、アインシュタインの重力理解は完全に間違っている上、謎の暗黒物質ダークマターも存在しないとする「ヴァーリンデの重力仮説」を発表し、その後オランダ・ライデン大学の研究チームが同仮説を裏付ける研究を行ったばかりだ。今後もダークマターを巡る論争はしばらく続きそうである。
    (編集部)


    ※イメージ画像は、「Wikipedia」より



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ガチ】史上初、銀河と銀河をつなぐ謎の「宇宙の架け橋」を発見!】の続きを読む

    このページのトップヘ