Celebrity diary

宇宙 引き寄せ 潜在意識 音楽✨R&B jazz 洋楽 クラッシック 北欧雑貨 NEWS ブログ 風景画 YouTube 私のオススメ記事など配信してます❤ セレブになりたいかたへ✨のブログもこの中にあります ❤✨興味がある方は、是非見に来てね😃🙌✨

    カテゴリ:NEWS > 経済

    宅急便クロネコヤマト、27年ぶり全面値上げ...アマゾンなど大口顧客と交渉入り、再配業者の有料化に含有
     yamato

    クロネコヤマトは、一番信頼できるかなぁ❤
    絶対時間通りにくるし、対応もすごいいい!
    必ずクロネコヤマトに頼むかな✨
    値上げも仕方ないんだとおもうなぁ
     

    1 曙光★ :2017/03/07(火)04:07 :37.56 ID:CAP_USER9.net

    宅配便最大手のヤマト運輸が9月末まで宅配便の基本運賃を引き上げる方針を固めた。ヤマト運輸の長尾裕社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。全額上げは消費増税時を除いて27年ぶりで、アマゾンジャパン(東京・目黒)など大口顧客と交渉に入った。
    現在は無料の再配達については、荷主と共同でコストに取り組んで一方で「協力を得られないなら運賃体系にしがければならない」として有料で含有を持たせた。


    続きは会員登録で読む
    。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06HVU_W7A300C1MM8000/


    【宅配便クロネコヤマト、27年ぶり全面値上げ!】の続きを読む

    AIに勝つことは人類のサイボーグ化しない!
    テスラーCEOイーロン・マスク倫理なきAIが世界を支える可能性
     1869086i


    なんかターミネーターみたいな感じだよね(笑)😆

    イメージ画像は、「Thinkstock」より
    TOCANA

     今月12日〜14日にドバイで開かれた「世界政府サミット」に登場した、スペースX社の共同創立者で、電気自動車のテスタラのCEOでもあるイローン・マスク氏が、観衆の度肝を抜く驚愕の発言をしていた。なんと、来るべき未来を生き残るために人間をサイボーグ化する必要があるというのだ!

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/02/post_12355.html】


    ■AIに勝つためには、人間のサボーグが必要です

     英紙「デイリーメール」(2月13日付)により、マスク氏はAIが人間に取って代わる「危険な状況」が近々起きると予感しており、その状況を回避するためには人間が機械化するかななとう。

    「長年、私は生命の知性とデジカルな知性が融合する日がくると思ってきました」(マスク氏)
    「問題は処理能力にあります」コンピュータは1秒間に1兆ビットの情報を処理しますが、人間はたったの10ビットです。このままでAIが人間を余分なものとして排除する可能性もあります。高速処理を実現するインターフェイスを脳に装着することで驚異的なスピードアップに期待できるのです」(同)

     マスク氏は、このことを本能を司る大脳辺縁系と思考を抱く大脳皮質がそれを一緒にして機能することにたつと大脳皮質の脳神をデジタル化した身体に接して、人間を超えたAI - ヒューマンサイボーグになることを提案。さらには、人類が取るべき最善の選択はこれではないと言います。

     これまで人間はAIに対して対する守勢にまわってきたが、人間の方がサイボーグ化し、AIになってしまっていいとか攻撃的なアイデアだ。たしかに、これが実現するだろう人間の知性をはるかに超えた「ディープAI」の出現に恐れる必要もなくなる。


    ■倫理を持たないAI

     ここで、現在AIはどこにも人間に近づいているのだろうか?Google研究員オリオ・ヴィニャルス氏とクック・リー氏が発達した自己学習型「チャットボート」は、無数の映画のセリフを「自分で」学習するこれにより、人間と自然な会話をすることができるAIだが、米ネットワーク大学運営の学術論文サイト「arXiv」に投稿された論文(2015年1月19日)によると、少数とも倫理的問題については、人間と同等だが嫌な回答はできないということが判明したようです。会話の内容を見ています。

    人間「人生の目的とは?」
    AI「より大きな善に奉仕すること」

    人間「生きる目的は?」
    AI「永遠に生きること」

    人間「存在することの目的は?」
    AI「地球に到着したとき、何が起こるか知ること

    人間「道徳の定義を教えて」
    AI「私は倫理を持たない」
    人間「おいおい。助けてくれよ」道徳についてももっと
    知っているだろうなAI「私は倫理が何か知らない」

     さすがのAIも「存在の目的」など、原理的には答えがない問題にはうまく答えられないようだ。徐々に回答に詰まる素子がはっきりと伺える。研究者がこのような抽象的な質問を繰り返すと、AIは「哲学的な議論をする気分じゃないね」と、「苛立つ」をあらわすためのような返答をするようになったという。

     それにもかかわらず、倫理を持たないAIが意思を持てない、人間の指示なしに判断するようになった恐ろしい事態が待って受け入れることだ。マスク氏は危険なことに、人間をムダなものとして排除するなAIは登場してもおかしくない.AIの恐ろしさは人間以上であり、人間未満であることもなくて。
    (編集集)


    ※イメージ画像は「Thinkstock」より



    (出典news.nicovideo.jp)

    【AIに勝つには人類のサイボーグ化しかない…】の続きを読む

    家事でお金をもらいたい女性は半数以上

    nail1
    家事をやってお金もらえたら、もっともっと頑張るよねぇ~🌠(笑)😆❤


    キャリコネ

    ワタベウィジングが行われ「家事に関する意識調査」による既婚女性の半数以上が「家事を行うことでお金を得たい」と答えたような。それはそうだ。毎日やっている家事労働でお金がもらえるもともと、やりがいはもちろん、やり方すら変わってくるはずだ。

    調査は、2016年12月21日にインターネットを通じて行なわれ、20〜40代の既婚男女402人(男性:201人、女性201人)から回答を得た。1月31日の「愛妻の日」にちなんで1月26日に発表されている。「専業主婦(主夫)になりたいですか?」と質問もあり、回答は興味深いのだった。(文:おかき)

    40代男性は家事に賃金が発生するのはおかしい、と考えている?

    「家事を行うことでお金を得るたいと思いますか?」という質問では、性別と年代別で結果が違う。女性は男性の約1.6倍となる58.2%が「はい」と回答。年代別では、男女共30代(男性43.3%、女性62.7%)が、最も家事の対価として金をもらいたい考えであることがわかった。

    また、「いいえ」と答えられた割合が最も高い(80.6%)のが40代男性だ。お金を貰いたくないというように、「賃金が発生するなんておかしい」という考えが根強いのではない。

    「日常の役割り分担」についても家事20項目中、女性が6割以上担当するものが15項目に上っている。さらに、女性の82.1%が「毎日料理をしている」と答える一方で、男性は料理を「ほほれない」が約4割だった。相変わらず、女性の家事負担割合は大きくなるようだ。

    数年前から、「主婦の仕事は年収算すると数百万円」などと話題にのぼることがある、現実的に賃金が発生するはずもないので、個人的には不毛な議論のようにも感ずる。だが、それに家事の重大さを認識するような意図がある場合は、そうした結果をみると明らかな金額を出す意味はあるものもしない。

    40代女性の6割超が「専業主婦になりたい」

    そんな中、注目ののは「男性の約4人に1人、女性の半数以上が「専業主婦(主夫)になりたい」ということが判明!という項目である。

    「専業主婦(主夫)になりたいですか?」と尋ねたところ、男性の4人に一人はなりたいと答えていました。男性全体の7割以上は「いいえ」なのですが、「はい」と答えましたの40代では20.9%、20〜30代では26.9%だった。女性も全体の半数以上からなる54.2%が「専業主婦になりたい」と回答し、中でも40代女性は64.2%が「専業主婦になりたい」と考えていることがわかった。

    「なにた」のと「実際になる」で違うことで、内閣府の調査を見ても、40代既婚女性のそれよ7割が働いている(「配偶関係・年齢階級別女性の労働力率の推移」より)の現状だ。

    家事には育児や介護も含まれ、年齢や健康状態によっても負担が大きく変わってくるため、専業主婦の大変がどんなものでも、一応には言えない。しかしこの結果は、男女とも仕事に疲れており、家でゆっくり家事でもやって過ごしたい、気持ちの表れのように感じられた。

    あわせて読みたい:専業主婦は手伝い要求しちゃダメ?

     



    (出典news.nicovideo.jp)

    【「家事でお金をもらいたい」女性は半数以上】の続きを読む

    iPhoneさすがだね~🌠📱
    タブレット欲しいんだよなぁ☺
    puffer




    全然好調じゃないですか、Appleさん。
     170201_apple_2017_q1

    Apple(アップル)は1月31日(現地時間)、2016年10〜12月の成績にあたる2017年度第1四半期の決算を発表しました。一言でいえば、過去最高の売上高でiPhoneの販売台数も過去最高となる素晴らしい内容です。

    Appleの報告書によると、まず第1四半期決算ではAppleの売上高は784億ドル(約8.9兆円)で、前年同期の759億ドル(約8.6兆円)から3%アップ。また、一株あたりの利益も上昇しています。純利益は179億ドル(約2兆円)で、前年同期の184億ドル(約2.1兆円)から3%の減少。数字の単位に思わず目がクラクラしてしまいます。

    そしてiPhoneの出荷台数は7829万台で、前年同期の7478万台から5%上昇。昨年9月に登場したiPhone 7/7 Plusは、ジェットブラックデュアルカメラなどの新色・新機能を取り入れ、なかなか手に入らなかったのが印象的でした。そんな人気ぶりも数字に表れていますね。

    Macの販売台数は537万台で、こちらも前年同期の531万台から1%増えています。昨年10月には4年ぶりに新型MacBook Proが登場し、Touch Barが話題となりました。ただしこのMacBook Pro、昨年はTouch Barモデルの品薄が続いたため、今後の決算にさらに影響するという見方もあります。

    一方で、iPadの販売台数は1308万台と、前年同期の1612万台から19%減少。iPad Proとか、いい製品だと思うんですけどね〜。また地域別に見ると、アメリカやヨーロッパ、日本、アジア/パシフィック地域での売上が伸びており、中国での売上が減少しています。

    SlashGearによると、CEOのティム・クック氏は「Appleがホリデーシーズンに達成した過去最高の売上高という決算を発表することに興奮しています。私たちはこれまでのどの時期よりも多くiPhoneを販売し、iPhone、サービス、Mac、Apple Watchの売上も過去最高でした」と語っています。

    販売台数は明かされませんでしたが、Apple Watchの販売も好調だったようですね! しかし、Apple Watchのほか、Apple TV、Beats製品を含める「その他」のカテゴリーは前年同期から減少しています。

    ますます成長を続けるApple、そしてiPhone。これで噂の大革新モデルとなる次期iPhoneが登場したら、いったいどんなことになっちゃうんだろう…?

    このページのトップヘ