Celebrity diary

宇宙 引き寄せ 潜在意識 音楽✨R&B jazz 洋楽 クラッシック 北欧雑貨 NEWS ブログ 風景画 YouTube 私のオススメ記事など配信してます❤ セレブになりたいかたへ✨のブログもこの中にあります ❤✨興味がある方は、是非見に来てね😃🙌✨

    カテゴリ: 量子論

    2029年、人間の脳は機械と融合する…
    的中率86%のグーグル研究者カーツワイ氏が爆弾発言
    82703707 (1)

    いやぁ、人間の脳ってそんな簡単には融合できないきもするけどなぁ…
    あらゆる潜在能力を秘めてる脳だから、
    中々具現化するのも厳しい気もする…
    でも、的中率86%の方が言ってるなら、期待もしてみたいね。
    まだ生きてるな…(笑)😆 



    イメージ画像は、「Thinkstock」より
    TOCANA

     米を代表するフューチャーで、「Google」社の技術ディレクターでもあるレイ・カーツワイエル氏が、また驚きの予定を立てていたことが判明した!予想的中率86%を誇るカーツワイエル氏の発言に全世界が注目されている。


    ■12年後、人間の脳は機械と融合する

     今月10日〜19日にかかって米テキサス州で開催された「SXSW Conference」のインタビューで、カーツワイル氏はAIと人間の恐るべき融合について語った。「Futurism.com」が報じている。

    「2029年、コンピュータは人間レベルの知性を獲得することでしよう」(カーツワイル氏)

     かねてより人工知能が人間の知性を超越する「シンギュラリティ(技術的特異点)」が2045年にやってくると予想されていたが、カーツワイル氏は16年も早まるとの見方を示した。今からわずかな12年後には、英国物理学者ステイブン・ホーキング博士をはじめとした名前だが知識人が危機する「AIが人間を支える世界」が現実になりそうだのだろうか?

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/03/post_12665.html】

     だが、カーツワイル氏はAIを恐れる必要はない、むしろ機械を人間の脳に取り込んだことによって「超人」が誕生すると言える。

    「機械は人間に力を与えてくれます。機械のおかげで我がはより賢くなるのです。人間と機械の融合は果たされていませんが、2030年代には思考を司る大脳新皮質をクラッドネットに接続するつもりです」(同)
    「それで、我々はもっと多くの大脳新皮質を獲得し、より面白く、音楽に溢れた人間になることでしょう。今よりセクシーになることさえあるのです。機械は人間の価値をこれまでには実証することになるでしょう」(同)

     このようにカーワイル氏は、人工知能も双眼鏡や補聴器やペースメーカなどと同じように人間の能力をサポートする道具になると考えているようなもの。この点については「人類のサイボーグ化」を提唱する「テスラ」社CEOイーロン・マスク氏も同意見だ。以前トカナでもお伝えしたように、マックス氏はAIの脅威を取り除くためには高速処理を実現するインターフェースを脳に接続する必要があると断言している。

     AIと人間の融合は最も理想的な人類の発達と見ているだろう。それとともの、両者にはそれぞれが補いあべべ長所と短所が存在するからだ。コンピュータの情報処理能力はすべき人間を遥かにに凌駕していることは、圧力の事実だが、英有名物理学者ロジャー・ペインローズ氏などは人工知能と人間の知性の間にはない大きな差があると主張している。曰く、計算と理解には雲泥の差があるという。また、人間性の中核をなしてもよいもの「倫理」をAIが持ち合わせていないという指摘もある。

     機械の長所を人間の能力の拡張として使ったことができれば、人間の頭脳は計り知らないほどの記憶ストラテジと計算能力を得るだろう。それには、カーツワイエル氏が主張するような意識のクラウド化が実現すれば、個人の意識やアイデンティティー、社会的な死さえ消失し、人類と1つの知性が思考するようになっていてもかまわない。いずれにしろ、結果は数十年後に明らかになる。その時、人類が今よりも少し賢明になっていることを期待したい。
    (編集部)


    ※イメージ画像は「Thinkstock」より



    (出典news.nicovideo.jp)

    mstz80ax

    mstz80ax

    生きるうえで必要な事。生理的欲求。それが満ちている事。これが足りないとストレスで脳や体調はパンくる。実はデリケートだ。

    バース

    バース

    攻殻機動隊の世界観たいな感じになるってことかな?

    0028

    0028

    ゼノギアス動画観ててこのニュースはちょっといろいろ考えています...

    ふわねこ

    ふわねこ

    たぶんね、人工知能も似たようなことになると思うんだ。すごい斜め上から奇妙な課題が散見するようになりそう。

    ふわねこ

    ふわねこ

    お婆ちゃんとかがさ넷と機械を怖がるのじゃない、でもその怖がり方って大げさでどこかずれてるでしょ。

    Z.果心

    Z.果心

    ホリエモンが電脳化が現実したら誰よりも早くファステルペギンするって言ってたような。士郎正宗の世界そのもののw

    カル

    カル

    つまりは、やっと「いけけ〜マグナ〜ム!マグナムトルネード!」ができるわけか

    ほね

    ほね

    つまり機械の身体を手に入れられる為替にイスカンダル行きの鉄道に乗って旅立たれてばいばいになる、と。あのなんか混ざってる気がする。

    石油王

    石油王

    それは2030年、人間の脳は機械に支配される

    「」

    「」

    き、気持ちいいってよ、機械とひとつになるだろうの。これもカレレン様のお陰っ。

    リンリン

    リンリン

    そんなのPARを使ってゲームするようなもん。努力もせんと超人になったとしても楽しい?過程がないだけで手に入れても虚しいだけ

    ハル吉

    ハル吉

    電脳化はよかった

    着道楽(きょうらく)

    着道楽(きょうらく)

    レシックをしている俺はすみにサイボーグと言っても良い存在、だとしたらAIとの融合もやぶさではない。人形使いと草薙子だ!

    どケケカール

    どケケカール

    それでニンゲンが退化していることですね

    ヌルポ

    ヌルポ

    Google翻訳は数年前から全部進歩していないように見えるけど

    グウタ

    グウタ

    金持ちなど優秀なAIやスパコンを使う以上何かが変わるなんてことはない

    たんにん

    たんにん

    搭載している機械の性能次第で個人の能力に格差が生まれる時代が来るのかなぁ

    たんにん

    たんにん

    コンフューターでホルモンの分別量をコンロールできるようになるだろう確かにセクシーになるだろう。それは盲点だった

    ウーエル

    ウーエル

    すみに電気信号読み取って頼んでから片足突っ込んだことと言えなくてもいない

    t8

    t8

    攻殻機動隊?阿頼耶識?兎角面白い


    最大高度  金星✨
    Venuspioneeruv

    素敵❤\(^o^)/
    今日の朝もはっきり見えて、朝から幸せ~🌠  
    天体望遠鏡ほしくなるよな~🌠(笑)😆



    ユーユカリスト/
    幽蛇@youcharist

    今日もカネープスは見えた、かなうすぼんやりで写真には収められた。かわりに、あさって最大光度を迎える金星は、カノープスと同くらいの高度になってもぎらぎら輝いていた。

    (出典YOUCHARIST /幽蛇on Twitter)

    2017-02-16 01:24:06

    (出典@youcharist)

    星屑Arebaba
    @ hosikuzu922

    本日の金星3ショット12時半頃、金星が南中に近いほど高度が高くなるあたらりで青空の中、撮影。最大光度4日前の金星は青空の中でも3コマ目のようなイメージで肉眼でも簡単に発見されました!🌟ウィナーズの輝きは昼間でもほんと... https://t.co/VVMEzaqQX1

    2017-02-13 20:21:19

    (出典@ hosikuzu922)

    かなり誰かに教えたくなる「心理学の話」
    04

    これはおもしろい!🌠\(^o^)/
    男女間の心理とか説明がわかりやすくて
    楽しかった

    ユングとかアドラーもでてきた❤
    こうゆう心理学的な話はすごい好きだなぁ

    人を好きすぎて胸がいっぱいになる心理を
    『リレンマ』っていうんだね。
    あれは、すごい辛いよ(T0T)💦(笑)
    上がったり下がったりしちゃうしね…😞💦


    【かなり誰かに教えたくなる『心理学の話』】の続きを読む

    ガチ科学
    「死後の世界」が存在することが量子論で判明! 米有名科学者、脳は意識の受け皿にすぎない☝☺
    TOCANA 
    puffer

    これは事実だと思う☝☺ 

    米「タイム」誌の「世界で最も影響力がある100人(2014年度)」にも選ばれた、再生医療の専門家ロバート・ランザ博士が、死後の世界を肯定する発言をしていたことが判明した。


    量子論と意識の意外な関係☝☺

     米ニュースサイト「Collective Evolution」(1月14日付)によると、ランザ博士は著書「Biocentrism: How Life and Consciousness Are the Keys to Understanding the True Nature of the Universe
    (生命中心主義:いかに生命と
    意識が宇宙の本質を理解するための
    鍵であるか)」において、
    物質ではなく生命と意識こそ
    現実理解のための基礎的な
    要素であると断言、意識は
    肉体的な死とは別物である上、
    脳が意識を生み出しているわけではないと
    主張しているというのだ! 
    随分と大胆な説であるが、
    ランザ博士によると、量子力学の
    「二重スリット実験」を例にとれば、
    簡単に理解できるという。
     

    その他の画像→http://tocana.jp/2017/01/post_12042.html
     

     量子論の世界では、最も基本的な思考原理である矛盾律(AがB、かつ非Bであることはない)が通用しない状態である
    「量子の重ね合わせ」が
    長らく世界中の科学者を悩ませてきた。
    「二重スリット実験」では、
    2つのスリット(細長い穴)を
    通った電子が壁に衝突して作る痕跡を
    もとに電子が波なのか粒子なのか
    確定されるはずだったが、
    観察者がいない場合、
    電子は“波”の性質に見られる干渉縞を作り、
    観察者がいる場合、
    “粒子”に見られる痕跡を残すという
    “非科学的な”事態が生じたことで
    大問題となる。つまり、電子は
    「波であり、波じゃない」

    「粒子であり、粒子じゃない」
    という矛盾する性質を抱えていることが
    判明したのだ。

     ここで問題となるのは何より「観察者」の存在だ。
    物理的世界に直接の影響力を
    持ちそうもない「観察」という
    “意識的な”行為が、どういうわけか
    量子レベルでは大きな影響力を
    持ってしまっているのである。
    このことを量子論の生みの親である
    マックス・プランクは、
    「意識は物質よりも根源的で、
    物質は意識の派生物に過ぎない」

    と驚きを持って受け入れ、
    ノーベル物理学者を受賞した
    理論物理学者ユージン・ウィグナーも
    「意識に言及することなしに、
    量子論の法則を定式化することは
    不可能だった」と語っている。

     もし全宇宙から人間を含めた
    意識を持つ者が全て絶滅しても、
    宇宙は存在するだろうか? 
    常識的に考えれば、
    一切の生命がいなくなっても
    物質世界は存在していると思われるが、
    ランザ博士はそう考えない。

    なぜなら、二重スリット実験で
    示されたように、意識が物質世界よりも
    根源的だと考えるからだ。
     

    イメージすることが、具現化させている…ということですね☺


    ★★心が物質をつくる★★

    この論理に従うと、肉体(物質)と意識の因果関係が逆転する。
    つまり、意識が現実を生み出しているならば、

    発生の順番が脳(物質)→意識ではなく、
    意識→脳(物質)でなければならないため、
    肉体(物質)が死んでも、
    意識まで消滅する必要はない。
    ⬅霊の話だね

    こうして死後の(意識)世界が
    認められるというわけだ。

    しかし、そうはいっても意識は
    やはり肉体に宿っている。

    この揺るがない事実をどう説明したら
    良いだろうか? 
    ランザ博士によると、
    肉体と意識が別個のものだとしたら、
    肉体がアンテナのように意識を
    受信していると考えることもできるという。

     ⬆私もそうだと思うな☺ 

     すると、ロボットや桜餅が意識を
    受信している可能性もあるのだろうか? 
    ここまでくると、
    万物に生命が宿っていると考える“汎心論”(panpsychism)や、
    “アニミズム”に極めて類似してくるが…。
     

     オカルト的には随分と魅力的な
    仮説であるが、意識がいかにして
    物質世界を作り出しているのか、
    その原理はまだ分かっていない。
    そもそも科学はおろか、
    哲学においても「意識とは何か?」
    という根本的な問いにさえ
    答えることができていないのが現状である。
    意外と魂の不滅を認めるキリスト教や、
    輪廻転生を絶対的事実とする
    ヒンドゥー教などの方が、
    科学よりもずっと真実に
    近いのかもしれない。

    植物、動物、生活用品、自然全てが波動という原子と分子のエネルギー体でできているため、常に全てが振動していると思う…
    人の肉体がこの世からなくなったとしても、魂や意識は行き続けているため、霊となって見たりするんだよね。
    霊自体は、自分の肉体がないことがわかっていないため、成仏できず、現世に留まるのではないかな。
    霊が私はもう、この世にはいないんだという意識を受け入れてはじめて、霊界へあがれるのではないのかなぁ?☺🙌
    肉体があってもなくても、『意識』は存在すると思うなぁ😃🙌
    (編集部)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    このページのトップヘ